飲食店の売上を上げるために|メニュー考案のコツを紹介

客単価アップが何より重要

店舗

好奇心を刺激するメニュー

飲食店の売上を伸ばすには、新規の顧客を増やすこと、客単価を上げること、そして購入回数を増やすことを意識して経営を行う必要があります。新規の顧客を増やすためのサービスとして、初めて来店するお客だけに割引クーポンを発行したり、サービスメニューを提供するなどの方策があります。個人経営の小さな飲食店では、初めて訪れたお客の顔を覚えて、積極的に話しかけるなどの地道な努力も必要です。開店したばかりの飲食店では、口コミ評価サイトなどに広告を出すにしても、多額の広告費をかけて集客して一気に売上を伸ばす戦略をとるよりも、新規顧客を一人ずつ取り込んでいく戦略が求められます。客単価を上げることは、飲食店経営の永遠の課題とされています。来店客一人あたりの売上が増えれば、新規顧客を獲得するために広告宣伝に余計なお金を使わなくてすみ、飲食店の経営が一気に安定します。そのため、飲食店経営者は、常に客単価を少しでもアップさせるアイデアや方法を考えておく必要があります。ビールやワインなどのアルコールを出している飲食店では、ドリンクのお代わりをしてもらうことで売上を伸ばすことが可能です。珍しい外国産のビールやちょっと変わったフレーバーのビールなど、好奇心を刺激するメニューが増やすこと、そしてお客にこれらのメニューを魅力的に紹介するプレゼンテーション能力が問われます。また、ふだんはデザートを食べない男性客にオーダーしてもらうデザートを考案するなど、既存客をターゲットとした商品開発なども効果があります。

準備の中で重要なこと

お店

店舗開業をする時は準備に力を入れることによってスタートに成功可能です。準備の際は年代や性別などの顧客層を決定し、製品やサービスを販売することが大切です。予想した顧客層と実態は異なる可能性があるため、店舗開業後は売上の動向をチェックし、顧客層について検討する必要があります。

コーヒーショップの経営

珈琲

カフェ開業の夢を持つ人は多いですが、実際に経営スタートしてみると、経費が利益を押すことがあります。カフェの経営を軌道に乗せるためにはお店の雰囲気と商品ラインナップ、テイストが大切です。また、開業資金計画が重要となります。

店舗を借りる

店舗

大阪で貸店舗を探すときには実際に多くの物件を見て、地域や立地の相場を把握することが重要です。また大阪はエリアによって人通りの多さや客層が異なるため、貸店舗を選ぶときには事前にエリアの調査を行いましょう。